給湯設備が壊れると生活が大変!

日本人の生活とお風呂の文化

よく日本人はお風呂好きな民族といわれます。
実際に、火山国である日本列島では、全国的に温泉が湧き出ています。
古くから、日本人は温泉や自然の洞窟や岩屋を利用した石風呂と呼ばれるお風呂に入っていたようです。

きちんとした入浴という風習は、6世紀ごろに仏教とともに、中国から伝わってきたといわれています。
仏教では、お風呂に入ることは「七病を除き、七福が得られる」と考えれており、全国各地の寺院では「体を洗い清める」ということが大切な修行の一環とみなされ、お寺の中に浴堂が備えられるようになりました。

江戸時代になると、入浴は宗教的な意味だけではなく、一般生活の中にすでに浸透していました。
そして、公衆浴場として「銭湯」が誕生しました。
ただ、当時の銭湯は、今でいうサウナのようなもの―熱く焼けた小さい石の上に水をかけて湯気を出し、上半身を蒸し、浴槽に膝の高さ程のお湯を入れ、下半身を浸す―でした。
明治時代・大正時代になり銭湯の様子は大きく変わりました。
私たちが現在イメージするような、タイル張りで水道がある銭湯は、「改良風呂」と呼ばれ、このころに確立していったものです。

お風呂が今の形のようになったのは、戦後、欧米文化が普及しはじめてからです。

住宅の進化とともに家庭でもお風呂が作られるようになりました。
そして、電気・ガスを使用した様々な風呂の登場し、温度自動調節機能や乾燥機能などの装置も取り付けられるようになりました。
現在では、半身浴や寝浴や入浴剤、アロマなど、流行の手法が取り入れられ、日本人とお風呂の関係はさらに濃密になっていくのです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017給湯設備が壊れると生活が大変!.All rights reserved.